高木氏推奨馬その3

3歳牡馬
ダイシンプラン ダイシンプラン

とりあえず、デビュー戦を見て「何だこれは」と思った人も多いはず。
レースのラスト2Fは11.9−11.2。
これを離れた後ろから全部ぶち抜いた爆発力はクラシックだけではなく、
それ以降の活躍も予感させる。

まだ走りも気性も粗削りだが、
走る能力に関してはデビューした馬の中ではケタ違い。と断言する。

ファリダット

敢えてオレが言わなくてもいいのだが、これもなかなか凄い。
追ったのは残り400m〜200mにかけて、そのときのラップが10.9秒。
ここで追いついている。ってことだけで十分でしょう。

陣営はクラシックを意識しているようだけど、
NHKマイルCでのゴスホークケンとの対決を見てみたい。
ファリダット
シルクビッグタイム シルクビッグタイム

デピュティミニスターの仔は自分の形になると強い。
自分の形でないとモロさが出る。

血統的には距離が延びても大丈夫。
これも走る能力は高い。

3歳牝馬
アルスノヴァ

牝馬がエリカ賞を勝ったってこと自体もすごいが、
追い込みしか出来ない兄を持つとは思えないレースセンスの高さは特筆したい。
2連勝はいずれも能力の高さを見せた。
あとは、マイルをこなせるか。
オークスよりも桜花賞向き。なはず。
アルスノヴァ
レーヴダムール レーヴダムール

まだ未完成な部分(特にゲート)は多いが、能力は世代トップレベル。
血統的にも兄よりもだいぶ素軽いので何より。
藤岡で十分結構です。GTを獲らせてあげてください。
ヴェルザンディ

デビュー戦と2戦目で同じ馬とは思えないほどの変わりっぷり。
血統的には言うことはない。
あとはどれだけ化けるか。
ヴェルザンディ

古馬
アドマイヤジュピタ アドマイヤジュピタ

春の天皇賞は何がいるのかを考えたときに、サムソンはいない?
マツリダゴッホはねぇ…、ポップロックもねぇ。
ってなったときに、最も近いのはこの馬なのではないかと。
スピード能力もそこそこあるステイヤーっぽい馬、っていう感じ。
目黒記念まではお世話になるかもしれません。
ドラゴンファイヤー

JCダートでは苦杯を味わったが、
あれだけのペースになるとしょうがない。
ヴァーミリアンは別にして、
今年のダート路線はこの馬が主役になるはず。
そのくらい強い馬。
ドラゴンファイヤー
ダイワスカーレット ダイワスカーレット

もういいって言われるかもしれないけど、去年は大変お世話になりました。
今年はどんな年になるんでしょうね。
有馬記念で強く攻めた反動が出るかもしれません。
もっと高いパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。
ドバイに行くそうで、それは楽しみです。

障害馬
中山大障害の上位3頭と、
テイエムヤマトオー


まさかのテイエムドラゴン引退。これは驚いた。
障害界の来年の興味はカラジの4連覇がなるかってとこだけ。

これを持っていかれたら、相当反省してもらいたい。
相手はすごい強い。というかほぼ化け物。

でもこれを負かさないと全体のレベルアップはない。
メルシーエイタイム

騎手
・藤岡佑介

だいぶ安定感が出てきたように思います。
目標は関西ベスト5、まだムリかな〜。
やっぱ去年より勝ってくれれば。
・浜中俊

もうバレてますけど、新人ではナンバー1の腕。
ただもっと力強さが出ないと第二の○添に。
今はいっぱい乗って経験をつけてほしいけど。
今年どれだけ頑張れるかは重要。

西沢氏、池田氏

高木氏その1

高木氏その2

ジャイロ

TOPへ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO